期間工は企業から見た場合、短期的な労働力を集めるために必要な人材の一つです。
企業も人材確保のために様々な方法を用いており、少子化が進んでいく時代には難しくなってきました。


働く側としては、しっかりと休みがもらえ給料もちゃんと出る、福利厚生も受けられる期間工はとても魅力的な仕事の一つです。

学歴や職歴に関係なく働くことができ、職人のような技術が要らない分働きやすい職場と言えます。その反面、作業はとても単調なものが多く、それが苦痛でたまらない人もたくさんいます。

また、交代制勤務のある職場や、残業が強制的に行われる工場もあるので、人によっては向き不向きが大きく出てくるのも期間工の一つです。

若く体力のあるうちは比較的楽に働けますが、年を取るにつれて働きにくくなっていく職種の一つです。

企業のほうは人材確保の手段として期間工を使っています。



短期的な労働力というだけでなく、長期的な労働力としても考えている場合があります。契約期間は3年未満と決まっているので、3年ごとに契約の更新や配置換えを行って、同じ人を何回も雇うことがあります。



ある程度勝手を強いている人のほうが使いやすいというのもありますし、何年もいることで工場内部に精通していて、新入社員よりも労働力としては上になるからです。


大手自動車メーカーでは、昨年よりも3割正社員登用を増やすという情報も出てきています。
このように企業は長期的な労働力の確保の方法として、期間工を採用している場合もあります。

YOMIURI ONLINEの基本知識を紹介しています。