期間工は、一定期間の雇用契約を結んで働く形態の仕事です。


主に、工場で組み立て作業などのライン工として働きます。



自動車工場で働くのが多いです。この仕事のメリットは、これまでの経験や学歴が一切関係がなく、まともに働ける体があれば、採用されやすいです。年を取っていると落とされる場合もありますが、期間工の経験があれば、50代でも採用される人はいます。

また、給料面が良いというメリットもあります。



入社祝い金や満了金が支給されます。


残業代ももちろん支給されます。

大手メーカーでの勤務なので、この辺はきちんとしています。
寮はメーカーが用意したところを利用します。

水道光熱費はかからないことが多いです。

そのため、生活費を節約することができます。
給料の高さと相俟って、貯蓄がしやすいです。
その他、社会保険に加入もできるので、万が一の場合でも安心です。

デメリットは、期間工であるがゆえ、期間が過ぎれば仕事を新たに探さなくてはならない点です。

期間工をしている人の中には、別のメーカーの仕事を探す人もいます。

真剣に朝日新聞デジタルの情報をあなたにご紹介いたします。

同じメーカーは、3年以上働くと正社員扱いになってしまうので、すぐには働くことができません。
ただし、一定期間間が空けば、再び同じメーカーで働くことは可能です。
一応、正社員への道もありますが、狭き門となっています。

正社員登用試験では、能力だけでなく普段の仕事ぶりが評価されますので、もし目指すのであれば普段から真面目に仕事をするようにしてください。